校長あいさつ

 

本校は、平成21年4月に仙台市立仙台青陵中等教育学校、新潟市立高志中等教育学校と ともに、全国初となる市立中等教育学校として伊勢崎市民の大きな期待のもと開校いたしました。昨年度、10周年記念式典を挙行いたしましたが、生徒や保護者、さらには市民の皆様から大きな励ましをいただきました。皆様の期待を応えるべく、次の10年に向けて新たな決意をもって学校経営に臨んでいきます。
 さて、本校の教育理念は、「未来に、そして世界にはばたく 高い知性と豊かな道徳性をもった教養人の育成」です。これまで、確かな学力と人間力の育成を教育の基盤とするとともに、未来にはばたくためのキャリア教育、世界にはばたくためのグローバル教育を両輪とした先進的で質の高い教育を展開し、全国に誇れる教育づくりに取り組んでまいりました。
 今年1月には、キャリア教育優良校として、文部科学大臣表彰を受けました。グローバル教育においては、スーパーグローバルハイスクールアソシエイトとして、文部科学省指定を受け5年目を迎えます。その他、英語教育、ICT活用した校務支援などでも注目を浴び、全国各地から視察を受け入れている状況であります。また、昨年度末には、第5期生が卒業しましたが、自分の夢の実現に向けたすばらしい進路結果を得ることができました。1年1年学校力が向上していることを実感しております。
 これからの時代は、グローバル化や科学技術の著しい進歩、ITやIOTによる情報社会の進展など、変化が激しく予想のつかない社会となるといわれております。このような未来社会において、生徒が常に夢や希望をもち、新しい時代を切り開くためには、豊かな教養に裏打ちされた「確かな学力」と「人間力」の向上が一層必要となってきます。これからの日本を支えるリーダーを育成に向けて、これまでの教育成果を糧にさらなる学校力の向上を目指していきます。
 本年度は、「次の10年を見据えたスタートの年『日本一の学校の創造』」をスローガンとして、次の5つを学校経営の重点事項としました。
 

 ⑴ 最高学府にチャレンジできる教育課程を新たに編成・実施
 ⑵ 未来にはばたくためのキャリア教育、世界にはばたくためのグローバル教育を両輪と
   した教養教育・生き方教育の一層推進する。
 ⑶ 中等1,2年で学習・生活・進路の基礎力を育み、3年から高校生を合い言葉に学力
   向上・人間力の育成及び進路実現を図る。
 ⑷ 生徒の多様な個性を認め、自己肯定感を高め、生徒の主体的な生き方ができるように
   指導支援する。
 ⑸ Classi・C4THなどのICTや情報ネットワークを活用し、生徒への学習支援や教師への
   校務支援の充実を図る。 

 
 また、生徒の成長は、生徒を直接教え導く教師の力にかかっています。そこで、本校教師の心構えとして、次の3点を掲げ、教職員の資質向上を一層図っていきます。
 

 「教育には、子どもの人生を変える力がある。」
  (この大切で崇高な仕事に誇りをもつ。教師は面白い。教師としての人生を生きる。)
 「平凡な教師は言って聞かせる。よい教師はやってみせる。優秀な教師は生徒に学ばせ
   る。最高の教師は生徒の心に火をつける。」
  (教えるプロ、育てるプロとして専門性と人間性を高め、弛みなく指導力の向上を
   図る。)
 「たった一言が人の心を傷つける。たった一言が人の心を暖める。」
  (生徒の個性や多様性を認め、人権感覚を磨き、常に生徒の成長と自立を願う、愛情
   溢れる指導を行う。)

 
新しい御代「令和」を迎えました。時代の節目の年に、新たな10年の教育づくりに向けて第一歩を踏み出せることをとても幸せなことと思います。今後も、本校の教育理念を貫き、愛情豊かな熱い教師が一丸となって、「四ツ葉の教育」を展開していきます。生徒や保護者、市民の皆様の期待を裏切らず、「四ツ葉に入って本当によかった」「四ツ葉を設立して本当によかった」と言っていだけるよう、日本一の学校づくりに全力で邁進していきますので、どうぞご支援をお願いいたします。
 

伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校
校 長  三 村 国 宏

 学校いじめ防止基本方針

平成31年度学校いじめ防止基本方針

伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校(以下、本校とする)は、「いじめ防止対策推進法」に基づき、いじめ防止等のための対策に関する基本的な方針を以下のとおり定める。
 

1 基本的な考え方

(1) 「たった一言が人の心を傷つけるたった一言が人の心を暖める」をスローガンに生徒も教師も人権感覚の豊かな学校づくりを推進する。
(2) 本校では生徒の心身の健全な発達を図り、生徒が安全に、安心して学校生活を送ることができるよういじめ防止のために適切な対策を講ずる。
(3) 本校教職員はいじめの未然防止に全力で取り組むとともに、いじめの兆候や発生を見逃さず、いじめを把握した際は、保護者、地域及び関係機関等と連携し、速やかに組織的に対応する。
 

2 校内組織

(1) 本校は「四ツ葉学園いじめ対策委員会」を設置し、いじめの未然防止、早期発見及び早期対応等を組織的かつ実効的に行う。
【構成員】
①委員長校長
②委員教頭、生徒指導主事、学年主任、学年生徒指導担当、学年教育相談担当
※個々の事案に応じ担任、部活動顧問、養護教諭、教育相談員、スクールカウンセラーを構成員に加える。
(2) 本校は「生徒指導委員会」を設置し、生徒の情報交換を定期的に行い、いじめの未然防止、早期発見及び早期対応等を組織的かつ実効的に行う。
【構成員】生徒指導主事、副生徒指導主事、各学年生徒指導担当、養護教諭、教育相談主任
 

3 いじめの未然防止、早期発見、早期対応等に関する具体的方策

別表1(学校いじめ防止プログラム)及び、別表2(学校いじめ防止マニュアル)のとおり、いじめの未然防止、早期発見及び早期対応等に係る生徒への指導と具体的取り組みを行う。
 

4 教育委員会及び所轄警察署等との連携

(1) いじめが犯罪行為として取り扱われるべきものと認められる場合は、所轄警察署と相談して対処する。
(2) いじめにより生徒の生命、身体又は財産に重大な被害が生じる恐れがあると認められる場合は、直ちに所轄警察署等に通報し支援を求めるとともに、速やかに市教育委員会に報告し、指示を受け連携して対応する。
 

5 保護者との連携

いじめが確認された場合は、保護者に事実関係を伝え、いじめを受けた生徒とその保護者に対する支援やいじめを行った生徒及びその保護者に対する助言等を行う。また、当該いじめ事案に関する情報は、継続的かつ適切に保護者に提供する。
 

6 重大事態への対処

以下に掲げる事態(以下「重大事態」という。)が発生した場合は、速やかに市教育委員会に報告するとともに、市教育委員会又は学校の下に組織を設け、公平・中立な調査等を行い、事実関係を明らかにするよう努める。
(1) いじめにより生徒の生命、心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるとき。
(2) いじめにより生徒が相当の時期※、学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると認めるとき。
※ 相当の時期とは、年間30日を目安とするが、生徒が一定期間、連続して欠席しているような場合は、上記
目安に関わらず迅速に対処する。
 

7 その他留意事項

(1)日頃から、生徒一人一人の言葉に耳を傾け、その気持ちを敏感に感じ取ろうという姿勢を持つとともに、どのようなことでも大人へ相談してよいという意識を、教育活動全体を通して高める。また、学校内外の相談窓口の周知を徹底する。
(2)けんかやふざけ合いであっても、生徒の感じる被害性に着目して、いじめに該当するか否かを判断する。
(3)特に配慮が必要な生徒については、保護者等との連携の下、生徒の特性を踏まえた適切な支援を行う。
(4)いじめが解消したか否かについては、以下の2つの要件をもって判断する。
①いじめに係る行為が止んでいる状態が、少なくとも3ヶ月以上継続していること。
②いじめを受けた生徒がいじめに係る行為により心身の苦痛を感じていないと認められ
ること。
(5)インターネット上のいじめが重大な人権侵害であることを生徒に理解させるとともに、SNS等に頼らない人間関係づくりへの意識を高めていけるような指導を行う。
(6)いじめの未然防止、早期発見及び早期対応等に係る生徒への指導及び取組について、達成状況を学校評価において評価し、改善を図る。

 政治的活動等に係る指導方針

四ツ葉学園中等教育学校生徒の政治的活動等に係る指導方針

令和元年6月17日
伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校

 生徒の政治的活動等について
 
・教科・科目等の授業のみならず、生徒会活動、部活動等の授業以外の教育活動も学校教育の一環であり、生徒がその本来の目的を逸脱し、教育活動の場を利用して選挙運動や政治的活動を行うことについて、教育基本法 第14条第2項に基づきこれを禁止します。
・放課後や休日等であっても、学校構内での選挙運動や政治的活動については、学校施設の物的管理の上での支障、他の生徒の日常の学習活動等への支障、その他学校の政治的中立性の確保等の観点から教育を円滑に実施する上での支障が生じないよう、これを制限又は禁止します。
・放課後や休日等に学校の構外で行われる選挙運動や政治的活動は、原則として、家庭の理解の下、生徒が判断し行うものであります。ただし、違法なもの、暴力的なもの、違法若しくは暴力的な政治的活動等になるおそれが高いものと認められる場合には、これを制限又は禁止します。また、生徒が政治的活動等に熱中する余り、学業や生活などに支障があると認められる場合等には、これによる当該生徒や他の生徒の学業などへの支障の状況に応じ、必要かつ合理的な範囲で制限又は禁止することを含め適切に指導を行います。

 グローバルハイスクール

グローバルハイスクール
構想図
海外グローバルリーダー研修
ミズーリ州立大学HP
海外グローバルリーダー研修
英語語学学校(ELI)HP

 進路概況 他

スクールガイド
実施教育課程
進路概況
学校経営

 送 迎

 アクセスマップ

●JR両毛線
 伊勢崎駅下車 自転車で約15分

●東武伊勢崎線
 新伊勢崎駅下車  自転車で約15分