部活動について 

1目的

学校教育の一環として、生徒の自主的、自発的な参加により行い、スポーツや文化及び科学
に親しみ、学習意欲の向上や責任感、連帯感の涵養、互いに協力し合って友情を深めるといっ
た好ましい人間関係の形成等を図る。
 

2本年度の部活動

(1)本年度設置する部活動について

運動部、文化部(同好会、団体)を設け、それぞれ顧問教師1名以上、生徒に部長、副部長各1名をおく。
 

【前期運動部】

軟式野球部、陸上競技部、男子ソフトテニス部、女子ソフトテニス部、女子バレーボール部、サッカー部、男子バスケットボール部、女子バスケットボール部、卓球部、女子バドミントン部、剣道部
 

【前期文化部】

吹奏楽部、美術部、文芸部、(調理部)、JRC・インターアクト部、英語部、(書道部)、(茶華道部)
 

【後期運動部】

硬式野球部、陸上競技部、男子ソフトテニス部、女子ソフトテニス部、女子バレーボール部、サッカー部、男子バスケットボール部、女子バスケットボール部、卓球部、女子バドミントン部、剣道部、弓道部、硬式テニス部
 

【後期文化部】

吹奏楽部、美術部、文芸部、調理部、JRC・インターアクト部、英語部、書道部、茶華道部、演劇部、写真部
 

【後期同好会】

科学同好会
 

(2)活動計画

顧問教員は、月ごとの部活動実施計画を作成する。顧問教員、生徒、保護者は、部活動の趣旨を正しく理解し、休養日の設定や活動時間について適正な運営に留意する。活動の成果を追い求めるあまり家庭生活や学校生活に支障をきたすほどの登校時刻とならないよう、また、下校時刻を過ぎても部活動が継続するようなことのないように留意し、生徒にとってバランスの良い生活リズムとなるよう配慮する。
 

(3)活動日及び活動時間について
①週当たりの休養日の設定

 

(前期課程)

●週2日以上(平日に1日と土・日曜日のいずれか1日は必須)の休養日を設定する。(詳細は各部活動ごとの活動計画による)
※大会参加等により、やむを得ず土・日曜日に活動する必要がある場合は、代替休養日を確保する。

(後期課程)

●原則として週2日以上の休養日を設定する。(詳細は各部活動ごとの活動計画による)
※大会参加等により、やむを得ず休養日を確保できない場合は、代替休養日を確保する。また、後期課程は、群馬県のガイドラインに則り、前期課程教育の上に多様な教育が行われていることを考慮し、少なくとも週1日以上の休養日を設定する。


 

②長期休業中の休養日の設定

(前期課程)

●土・日曜日は原則休養日とする。
●生徒が十分な休養をとることができるとともに、部活動以外にも多様な活動を行うことができるよう、ある程度長期の休養期間を設ける。(詳細は各部活動ごとの活動計画による)
※土・日曜日に活動する必要がある場合は、代替休養日を確保する。

(後期課程)

●学期中の休養日の設定に準ずる。
●生徒が十分な休養をとることができるとともに、部活動以外にも多様な活動を行うことができるよう、ある程度長期の休養期間を設ける。(詳細は各部ごとの活動計画による)


 

③活動時間

合理的でかつ効果的・効率的な活動を行い、長くとも平日では2時間程度で練習を終える。学校の休業日(学期中の土・日曜日を含む)では、3時間程度で活動を終える。
・下校とは生徒が学校外に出る時刻とする。
・以下の時間内に下校ができるものとする。
・土曜SUP以外の休日については特に定めない。
 

期  間 前期課程 後期課程
通  常 土曜SUP
4月~9月 18:15 17:15 年間通して
19:00
10月・2月・3月 17:45 16:45
11月~1月 17:15 16:15
 

●学校外で活動している場合も同様とする。
●前期課程では顧問の意向により下校時刻を30分まで延長ができる。ただし、1年生は1学期期末考査終了まで延長はしない。また、
後期課程では顧問の指導、保護者の合意を得て1時間程度の延長ができる。
●休日の活動については、各顧問が指導できる時間内とする。
●顧問は生徒の下校方法を把握し、電車等の時間を考慮した終了時刻とする。
 

④朝練習

●1年生の1学期期末考査終了後より認める。
●活動時間は原則として7時30分より8時15分とし、顧問の指導のもと活動する。ただし、8時25分からの朝SUPに間に合うこと。
●活動については、強制参加ではなく、自主的な参加とする。
※各部の休養日及び活動時間の設定にあたっては、スポーツ庁及び伊勢崎市教育委員会のガイドラインを踏まえ、大会等が土曜日、日曜日に行われたり、季節等によって集中して行われたりする場合には、月間、年間単位で活動の頻度や時間の目安を定めるなど、総合的にガイドラインが守られるようにすることとされている。
 また、伊勢崎市教育委員会のガイドラインでは、1週間を、9コマ(「月~金の5コマ」+「土曜・日曜(午前午後)の2コマ×2の4コマ」の計9コマ)のうち4コマを休養とした、「5/9」(約56%)を部活動の活動の原則とし、月単位等で弾力的に運用するように示されている。
 本校においても、休業日の設定が週単位で難しい場合には、月単位、年間単位等で調整するなど、総合的にガイドラインが守るようにする。
 

3部活動運営(部活動検討委員会、学校評議委員)
(1)部活動指導員・外部指導者について

専門的な指導を求める生徒や保護者のニーズに応えるとともに、教職員の指導力の向上、負担軽減のためにも、校長の了解の下、部活動指導員や外部指導者を活用する。ただし、部活動は学校において計画する教育活動であることを踏まえ、顧問との役割分担を明確にした上で、各部の状況に合わせて活用する。
 

(2)部活動検討委員会について

本校の部活動検討委員会においては、群馬県の方針を踏まえ、学校評議員会を部活動検討委員会とする。なお、委員については、本年度より学校医を学校評議員に加え、活動内容や活動時間、学校と保護者の連携について検討する。
 
 

4安心、安全な部活動
(1)効率的・効果的な活動の推進のための取り組み

 運動部においては、スポーツ医・科学の見地からは、トレーニング効果を得るために休養を適切に取ることが必要であること、また、過度の練習がスポーツ障害・外傷のリスクを高め、必ずしも体力・運動能力の向上につながらないこと等を正しく理解するとともに、生徒の体力向上や、生涯を通じてスポーツに親しむ基礎を培うことができるよう、生徒とコミュニケーションを十分に図り、生徒がバーンアウトすることなく、技能や記録の向上等それぞれの目標を達成できるよう、競技種目の特性等を踏まえた科学的トレーニングの積極的な導入等により、休養を適切にとりつつ、短時間で効果が得られる指導を行う。
 また、専門的知見を有する保健体育担当の教師や養護教諭等と連携・協力し、発達の個人差や女子の成長期における体と心の状態等に関する正しい知識を得た上で指導を行う。指導に当たっては、生徒との信頼関係の下に、互いを尊重し合いながら活動を進めることが大切であり、身体に苦痛を与えたり高圧的な態度をとったりするような指導は行わないこと。
 なお、文化部についても文化部活動の特性を踏まえつつ、この考えに準じて取り組むこととする。
 

 (2)体罰等の許されない指導の未然防止

 学校教育の一環として行われる部活動では、指導と称して殴る・蹴ること等はもちろん、懲戒として体罰が禁止されていることは当然である。また、指導に当たっては、生徒の人間性や人格の尊厳を損ねたり否定したりするような発言や行為は許されない。
 校長、顧問及びその他の学校関係者は、部活動での指導で体罰等を厳しい指導として正当化することは決して許されないものであるとの認識をもち、それらを行わないようにするための取組を行う。
 なお、学校関係者のみならず、保護者等も同様の認識をもつことが重要であり、学校や顧問から積極的に説明し、理解を図る。
 

(3)天気や気象を考慮した指導

①本校においては、全ての運動部顧問にWBGTを持たせ、毎日の部活動時に気象条件を確認する。特に高温・多湿下では、適切な水分・塩分の補給や健康観察を行い、熱中症に十分注意する。高温多湿(気温25℃以上又は湿度50%以上)となることが予想される場合、部活動開始前に、WBGT計(※)を使用した上で、熱中症予防運動指針に従って熱中症を予防するための対策を講じる。
 また、暴風や雷等に対して、練習や試合の中止及び中断の判断が的確に行えるよう、気象情報の収集に努めるとともに、判断基準を明確にしておく。
※WBGT(Wet Bulb Globe Temperature)人体の熱収支に影響の大きい、湿度、放射熱、気温の3つを取り入れた指標。高温下での作業やスポーツなどの時、暑さや熱による障害を防ぐために使用する。
②部活動前の健康観察では、生徒各自に自己管理表を持たせるとともに、熱中症チェック表の項目を毎日確認する。部活動顧問の熱中症チェックについては、管理職が確認を行う。
 

5経費

(1)活動に当たる経費を生徒会費から補助する。
(2)各部において部費を徴収する場合もある。ただし、集める場合は、必要最低限とし、金額については保護者の理解を得た上で決定する。その際、帳簿を作成し、年度末に会計報告をする。監査は教頭及び保護者代表が行う。
 

6部活動への入部・退部

(1)入部について
 担任から入部届を受け取り、必要な手順を踏んで顧問に提出する。
●2,3年生の部活動へ加入を希望する生徒は、以下の手順による。
 ①担任から入部届を受け取る。
 ②必要事項に記入し、保護者の承諾印をもらう。
 ③担任に入部届を提出し、承諾印をもらう。
 ④保護者印、担任印の押印された入部届を、生徒が部活動顧問に提出する。
●1年生の部活動へ加入を希望する生徒は、以下の手順による。
 ①部活動説明会を聞く。
 ②体験入部(仮入部)をする。
 ③担任から入部届を受け取る。
 ④必要事項に記入し、保護者の承諾印をもらう。
 ⑤担任に入部届を提出し、承諾印をもらう。
 ⑥保護者印、担任印の押印された入部届を、生徒が部活動顧問に提出する。
 

(2)退部について

 退部を希望する生徒は、担任、部活動顧問と相談した後、顧問から退部届を受け取り、担任と保護者に承諾の上、承諾印をもらい、顧問に提出する。
 

7参加する大会等の精選

(中学校・高等学校)体育連盟の主催大会、各種コンクール大会や発表会、市町村主催、関係団体主催など、多くの大会等が開催されており、生徒の技能の向上だけでなく、心身の健康についても配慮するため、参加する大会等を精選する。
 

このガイドラインは、平成30年8月1日より施行する。

 四ツ葉学園 部活動 【前期課程 中学校段階 運動部】

●男子のみ  ☆女子のみ  ○男女活動可

○軟式野球部

 
・市春季大会 ベスト4
・高柳杯 第3位

●ソフトテニス部男子

 
・(H31)市春季大会 個人戦ベスト4
・市総体 団体戦 第3位
     個人戦 ベスト16
・市新人戦
 団体戦 決勝トーナメント進出
 個人戦 ベスト8 

☆ソフトテニス部女子

 
・市春季大会
 個人戦第5位(県大会出場)
・市新人戦 
 団体戦 決勝トーナメント進出
 個人戦 県ベスト32

●バスケットボール部男子

 
・市春季大会 1回戦敗退
・市総体   2回戦敗退
・市新人戦  2回戦敗退

☆バスケットボール部女子

 
・市春季大会 2回戦進出
・市総体   1回戦敗退
・市新人戦  2回戦進出

☆バドミントン部女子

 
・市総体 団体優勝(6年連続)
・県総体 シングルスベスト16
     ダブルスベスト32
・市新人戦 団体優勝

○陸上競技部

 
・全国大会出場
・県大会出場
 複数種目入賞(8位以内)

○サッカー部

 
・H29 新人戦
   県ベスト16(市準優勝)
・H30 市春季大会 3位入賞
・H30 市新人戦 3位入賞
・県中体連選抜5年連続選出

☆バレーボール部女子

 
・市春季大会 ベスト8
・市総体 第3位(県総体出場)

○剣道部

 
・市春季大会
 男子団体3位入賞(県出場)
 女子団体3位入賞(県出場)
 男子個人8位(県出場)
 女子個人8位(県出場)
・市新人大会
 男子個人16位(県大会出場)

○卓球部

 
・市総体(H29)
 男子ダブルス5位(県大会出場)
 女子団体第3位
 女子個人5位(県大会出場)
 女子ダブルス5位(県大会出場)
・市新人大会(H30)
 男子団体 
 決勝トーナメント出場
・市春季大会(H31)
 男女団体予選リーグ敗退
前期課程 中学校段階 運動部(PDF) 

 四ツ葉学園 部活動 【後期課程 高校段階 運動部】

●男子のみ  ☆女子のみ  ○男女活動可

●硬式野球部

 

・H27年度夏季3回戦進出
・H28年度夏季2回戦進出
・H29年度春季2回戦進出

●ソフトテニス部男子

 
・R1 県高校総体 2回戦進出

☆ソフトテニス部女子

 
・県高校総体   (団体戦)初戦敗退
・インターハイ予選(団体戦)初戦敗退

●バスケットボール部男子

 
・地区新人大会 第3位(H30)
・全国高等学校バスケットボール選手権
 大会県予選会 2回戦進出(H30)
・県新人大会  2回戦進出(H30)

☆バスケットボール部女子

 
・県高校総体    2回戦進出(H29)
・インターハイ予選 2回戦進出(H29)

☆バドミントン部女子

 
R1年度
・第60回群馬県総合団体
 バドミントン選手権大会 準優勝
H30年度県高校総体(学校対抗戦)
 ベスト8
・県新人戦(1年生シングルス)
 準優勝・第3位
・県新人戦(ダブルス)ベスト32 2組

○陸上競技部

 
・全国大会入賞
・全国大会出場
・関東大会入賞
・関東大会出場
・県内大会 入賞者多数(6位以内)

○サッカー部

 

・県高校総体    ベスト16(R元年)

・インターハイ予選 2回戦進出(R元年)
・高円宮杯JFAU-18サッカーリーグ2019
 3部所属

☆バレーボール部女子

 

・県高校総体(H30)    2回戦敗退

・インターハイ予選(H30) 2回戦敗退

○剣道部

 
・県高校総体 男子団体 敢闘賞
・インターハイ予選
 女子個人 優勝
 男子団体 敢闘賞

・女子個人 インターハイベスト16

○卓球部

 
・市総体(H29)

 男子ダブルス5位(県大会出場)
 女子団体第3位
 女子個人5位(県大会出場)
 女子ダブルス5位(県大会出場)
・市新人大会(H30)
 男子団体 

 決勝トーナメント出場
・市春季大会(H31)
 男女団体予選リーグ敗退

○弓道部

 
・国体関東ブロック出場
・全国遠的大会出場
・関東大会出場
・県高校総体個人優勝

○硬式テニス部

 

・県総体女子団体ベスト16(H30・R1)

・県総体男子シングルス本戦出場(R1)
・県総体男子ダブルス本戦出場 (R1)
・県総体女子シングルス本戦出場(R1)
・県新人男子シングルス本戦出場(H30)
・県新人女子シングルス本戦出場(H30)
・県新人女子ダブルス本戦出場 (H30)

 

後期課程 高校段階 運動部 (PDF)  

 四ツ葉学園 部活動 【文化部】

●男子のみ  ☆女子のみ  ○男女活動可

○吹奏楽部

 

・吹奏楽コンクール(平成30年度)
 高校B組 県:金賞・代表,西関東:銀賞
 中学B組 西関東:金賞・代表
         東日本大会:銅賞
・TBSこども音楽コンクール
 県:最優秀賞,東日本大会3年連続出場
・定期演奏会を毎年春に開催
・学校や地域での演奏活動など
 

○美術部

・第42回高校芸術祭 奨励賞
・歯科保健ポスター 優秀賞
・交通事故防止ポスター 優秀賞
・動物愛護ポスター
 群馬県動物愛護協会理事長賞
 優秀賞

 

 

○文芸部

 
・全国高校生文学賞優良賞

(全国高校総合文化祭佐賀大会出場)

 

○調理部(R1年度より,新規入部は後期課程から)

 
・旬の食材を使った調理実習

・お菓子作り
・文化祭展示

 
 

○書道部(R1年度より,新規入部は後期課程から)

 

・第42回高校芸術祭 最優秀賞
(全国高校総合文化祭佐賀大会出場)
・第15回安芸全国書展
 高校生大会第2位
・第72回群馬教育書道展
 条幅の部県知事賞
・伊勢崎燈華会
 書道パフォーマンス他

 
 

○茶華道部

 

・伊勢崎市民茶会参加
・群馬県高等学校総合文化祭参加
・絣の郷交流まつり参加
・まちなか高校生フェスタ参加
・市民ボランティアフェスティバル参加

 

○英語部

 

・各種スピーチコンテストへの参加
・英語ディベート大会への参加(後期)

 

○JRC・インターアクト部

 

・高校生ボランティア
 アワードブース発表

・インターアクト年次大会参加
・あしなが学生募金参加
・グリーンフェスタボランティア
・いせさきまつりボランティア 
 

○演劇部(後期課程のみ)

 

・県高校芸術祭地区大会出場
・中毛地区春季演劇祭
 桐生地区「水曜劇場」参加
いせさき燈華会参加

○写真部(後期課程のみ)

 

・県春季大会
 優勝1名,準優勝2名
・朝日新聞主催
・朝日中学生高校生フォトコン4名入賞

 
四ツ葉学園 部活動 文化部 (PDF)  

 スマホ4原則

①私たちはフィルタリングをかけ周りの人にも
 フィルタリングをかけることを呼びかけます

<設定理由>安全を守るという理由が多かったのですが、
客観的な視線で見ることが出来ているのでこれが良いと思いました。
 

②私たちは未来を見つめる目を守るために
スマートフォンを使いすぎないようにします

<設定理由>「勉強」と「視力」の2つの意味をかけていて、良い感じだと思いました。使いすぎて目を悪くしてしまってはいけないし、未来まで大切にしなければいけないとも思いました。
 

③私たちは大切な人のために誹謗中傷を撲滅します

<設定理由>スマホも、周りの人も大切にしなければという意識が刺激されると思ったからです。
 

④私たちは家族で話し合って適切な使用料金を設定します

<設定理由>いろいろなプランがあって保護者の都合で使用料が変わってきてしまうので、家族でとにかく話し合って使用料を決めることが大切だと思ったからです。
 
 今回のこれらルールの設定は四ツ葉生一人ひとりが、スマートフォンやインターネットの使い方・関わり方について考え直し、自分たちがトラブルに巻き込まれないため、トラブルを引き起こさないための使い方に対する一つの共通認識を設定しようというものです。
 これは自分たちを縛るためのものではなく、自分たちを守るためのものでもあります。しっかりと守っていくようにしましょう。保護者の皆様も、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。